トップページ > 包装設計 > グッドパッケージング賞

グッドパッケージング賞

グッドパッケージング賞とは・・

  優れたパッケージとその技術を開発普及することを目的として実施される、日本パッケージングコンテストは、 公益社団法人日本包装技術協会の主催で毎年開催されています。
  このコンテストは、「適正包装、環境適合性、保護・安全性、経済性、情報性、安全性、機能性、創造性、製造流通適性、 アクセシブルデザイン性、視覚効果」を審査基準に、専門家によって包装の最高峰と優秀群を選定するものです。 我が国の包装分野における最大のコンテストです。

受賞作 一例

くるくるワゴン -パレットの周りを人が回っていませんか?-
製品詳細
 
 パレットを回転させることで、製品に積付けやストレッチ巻作業において、人がパレットの周りを移動するムダがなくなる。
 キャスター付きでハンドリフト無しの荷役が可能、倉庫内の移動がスムーズに行える。
 パレット寸法や耐荷重はご希望サイズ・用途に合わせて構造設計可能である。
改善ポイント
 
 
① 回転機構を搭載
パレットの自在なハンドリングが可能
② ハンドルが脱着可能
取付時:回転機構のストッパーとして
取外し時:回転可能(ハンドルはワゴンに収納)
③ 清掃性に優れた構造
接合部は凹凸の少ない溶接加工
④ 用途に合わせた材質の選定
SUS304、スチール、プラスチック等、用途に合わせた材質での製造が可能
(キャスター含めて、オールSUS304での製造も可能)
⑤ オプション:回転機構への天板追加
(サイズフリー、角型・丸型など形状や、材質も選べます)
専用台車化による作業削減
改善前
 従来の包装形態は、段ボール箱で物流を行っていた工程があった。しかし、作業時間や包装資材コストの問題を抱えていた。
改善後
 包装形態を専用台車に変更したことで、段ボール箱のパレットへの積付・荷下作業に無くなり、作業時間の短縮に繋がった。 又、各工場での保管・出荷を1種類の台車で行えるようになり、包装資材コストの削減にも繋がった。
 台車の機能としては以下の通りで、1種類の台車でこれらの機能を実現できる最適な構造となっている。
 
① 平置き仕様による成形品の曲がり防止
② 輸送時の製品傷付き防止
③ 10tトラックに対する積載効率の良い寸法
④ 倉庫保管時に3段積みが可能
⑤ 形状が違うアセンブリ前・後の製品でも兼用可能
 これにより、各工程でのパレット積付・荷下作業を全て削減し、作業時間の短縮及び包装資材コストの削減に繋がった。
セット配膳用パーツトレイ -包装用小袋、包装工程レス化-
改善前
 精密機器製造工場にて、組立工場へ部品を運ぶ工場間輸送をする際、部品保管エリアから部品ピッキング→包装用小袋に包装、全部で11袋に分け包装していた。
 包装作業は袋詰め→テープ留め→マジックでパーツ名記入と手間が掛かっていた。
改善後
 ピッキング時にセット配膳用パーツトレイを採用。
 利点① ピッキングの効率化
  パーツトレイはPET製真空成形トレイ、透明なためピッキングする部品の写真一覧が透けて見る事が可能。
  そのため、ピッキング時の【パーツ漏れ】【パーツ品番間違い】【パーツ色間違い】を未然に防ぐ事が可能。
 利点② 包装レス
  ピッキングしたパーツトレイで輸送する事により、部品の袋詰めを廃止。
  廃止したことにより、包装用小袋、袋詰めの包装工程の削減が可能となった。
改善効果
・ピッキング工数削減
・包装工数削減
・包装現場スペース削減
・包装容積削減

プラダン簡易型保冷箱
改善前
縫製品の保冷箱を使用していた。
しかし、「アルミ生地を縫製のため破れやすい」という問題があった。
又、リードタイムは作製に約1~2ヶ月ほどかかっていた。
改善後
プラダン仕様の保冷箱を採用。
折りたたむことで返送する際の費用を削減できた。
1100㎜×800㎜×800㎜Hの保冷箱サイズを1100㎜×800㎜×340Hに折りたたむことができる。
プラダン製の為、強度は縫製品よりも良好である。
リードタイムも約3週間ほどで作製可能である。
改善効果
・折りたたむことで容積 約57%削減
・リードタイムの短縮
・包装資材トータル費用 約20%削減

TS-ノンスリップパッケージ -サイズフリー包装ケース-
改善前
 工場間のパネル輸送の包装について悩みが有った。
 製品の厚みが同一で、サイズが違うパネルが10製品有った。
 その為、1製品毎に毎回手で段ボールを切って包装していた。その際、以下の問題点が有った。
 【問題点】
 ①製品のサイズに合った段ボール箱を毎回手でカットしていた。(専用化)
 ②包装・開梱時間が掛かっていた。(包装時間:600秒、開梱時間:180秒)
 ③包装材を廃棄していた。(ワンウェイ使用のため、毎回廃棄物の発生)
改善後
 プラダンを使うことにより、軽量化・強度・コストメリットが出た。
 また、留め具にはマジックテープを使用することで簡易的に包装・開梱が出来る。
 特徴はNSボード(ノンスリップフィルム付きプラダン)を使用したことである。
【ポイント①】
 内側をノンスリップにすることで、サイズの違うパネルもノンスリップ効果で動かず、10製品の兼用化に成功。
【ポイント②】
 包装作業はケースに製品を入れ、マジックテープを4か所留めるだけで完了(改善前:600秒→改善後:60秒)
 開梱作業も4ヶ所のマジックテープを外し、製品を取り出すだけで完了(改善前:180秒→改善後:30秒)
【ポイント③】
 プラダンケースを使用することにより、リターナブル化に成功(廃棄ゼロ化)
改善効果
 ①10製品の兼用化に成功
 ②包装時間・開梱時間の大幅短縮
  包装時間 90%削減 (600秒 → 60秒)
  開梱時間 83%削減 (180秒 → 30秒)
 ③プラダン素材による廃棄物ゼロ化

ページトップへ