輸送検証

輸送環境調査のお手伝い

振動衝撃データロガー(製品名:SR1300)

  縦、横、上下の3軸にかかる衝撃を時間ごとに記録。
  当社では検知器と商品を一緒に梱包してテスト輸送を行い、時系列データを解析することにより輸送中の衝撃の大きさを把握し、ノウハウを蓄積しています。

振動衝撃検知器

↑輸送検証レポート作成

温湿度ロガー(製品名:ウォッチロガー KT-200)

  輸送時の湿度、温度を把握し、包装設計にフィードバック致します。

温湿度ロガー  

輸送環境調査の結果を包装設計にフィードバック

  TSKでは、製品に衝撃計測器、振動計測器、温湿度計測器を導入し、実際の輸送時の正確なデータを計測することで、包装設計に活かしています。 輸送検証により、包装設計の妥当性をデータから示すことができますので、お客様に安心した設計を提案することができます。

TSKの輸送検証

輸送ソリューション機器

衝撃検知器

  輸送時の荷物に過剰な衝撃が加わると、色の変化によって表示します。
  また、荷扱い者への取扱注意喚起の役割も果たします。

ショックウォッチ ショックタイマー MAG2000

傾き検知器

  輸送時の荷物への傾きや転倒が起きた場合、色の変化によって表示します。
  また、荷扱い者への取扱注意喚起の役割も果たします。

セーフボード ティルトウォッチ TILT MONITOR CARD

温湿度検知器

  梱包に貼っておくことで、輸送時に大きな温度変化/湿度変化にさらされた場合、
  周辺の温度/湿度の変化に応じて色が変わり、輸送環境に異常があったことを簡易的に証明できます。

テンププレート ヒートラベル 湿度インジケーターカード