TSKの真空成形事業

Point1 北陸初の真空成形工場

2018年2月より本社にて稼働開始。
金型作成も含めた試作・量産・納品の一貫製造ラインを整えました。
特長として、条件制御システムによって品質ムラの少ない高品質なトレイを成形できます。
複雑な形状のトレイでも偏肉の少ない安定した品質が得られます。
また、4支柱全サーボモーター制御によって均一なカット圧を実現し、常にバリの出ないきれいなカット面になります。
ミシン目や複雑な端面形状であっても問題なく対応することが可能です。

Point2 ベトナム工場との協業

2013年に設立したTSK Vitonamとの協業体制を構築。
ベトナム工場でも金型を製作でき、安価な初期費用を実現します。
2ライン24時間体制で稼働をおこなっており、大ロット品はベトナム生産することでコスト削減を実現します。(日本への輸出定期便あり)
日本での在庫、および並行生産体制を取ることによってコストとリードタイムのベストなバランスでご提供します。

Point3 開発力

トータルコーディネーター」としてのノウハウと技術を活かして、真空成形技術を活用した新たな付加価値を創造します。
試作用小型成形機、3D設計技術などを駆使して、新たな用途開発や材質の切り替えを行います。